身も蓋もなく言うとオーガニックとはつまり
身も蓋もなく言うとオーガニックとはつまり
ホーム > 仕事 > 第二種金融商品取引業

第二種金融商品取引業

第二種金融商品取引業の登録をするのが最近はとても難しいらしくて、私の知り合いの弁護士さんは手を引いたので、今回は証券業界にコネクションのある行政書士さんにお願いすることにしました。

第二種金融商品取引業を取得するのがこんなに大変だとは、正直思っていなかったのですが、自分で準備を始めて関東財務局との打ち合わせをもうかれこれ半年も進めており、うんざり気分になってきました。
本当は、第二種金融商品取引業は登録制なので、要件さえ整っていれば登録する義務があるのですが、残念ながら、実際は許可制と同じで、とても厳しい審査があります。結局のところ、人的要件を満たすか満たさないか・・・というところで、金融庁が監督指針を出しているのですが、これを満たすかいなかの審査が行なわれるわけで、あと、収支飲み込みも大切な要件のようです。
今日は、湯島の関東財務事務所に行ってから、知り合いのファンド専門の六本木の行政書士さんに会いに行きました。この先生は、金融商品取引業者の社員だったので、人脈がとても豊富で頼りになるので、いっそのことお願いしようと考えております。
第二種金融商品取引業は、簡単に言うと、流動性の低いファンドスキーム持分なんかを指すのですが、第一種金融商品取引業は、有価証券などの流動性の高い有価証券が対象です。

第二種金融商品取引業ばかりでなく、将来はFXの事業も狙っているので、その場合は、第一種金融商品取引業も取得しなければなりません。その点が大変です。